焼き菓子の「基本的な材料」とは? ラインナップと使い方のコツをご紹介!

  • HOME
  • お菓子の話
  • 焼き菓子の「基本的な材料」とは? ラインナップと使い方のコツをご紹介!

焼き菓子の「基本的な材料」とは? ラインナップと使い方のコツをご紹介!

焼き菓子の多くは西洋生まれですが、おしゃれで気軽においしく食べられるため、さまざまな場面で重宝されています。そんな焼き菓子において全般的に用いられる「基本の材料」をご存じですか? 今回は、焼き菓子において用いられる基本的な材料と、その使い方のコツについて解説します。材料の知識と使い方のコツを知ればお菓子作りも恐くありません。ぜひ参考にしてみてください。

1.焼き菓子の基本材料 :バター

焼き菓子の多くは西洋生まれであり、使用される材料も非常に西洋的なものが多いですが、まず必ずといっていいほど用いられているのはバターです。バターとは、主に牛の乳から抽出した脂分を練り固めたものですが、動物性由来のバターが食べられないヴィーガンの方に向けた植物性バター(ヴィーガンバター)というものもあります。

 

焼き菓子作りにおいては、バターは基本的に食塩不使用のバターを用いるほうが、バター以外の材料と調和しながらバター独自の風味をプラスできるといわれています。使用する際には常温に戻し、柔らかくしてから使いましょう。

 

2.焼き菓子の基本材料 :生クリーム

お菓子にデコレーションする際には生クリームがよく用いられます。生クリームは動物性ですが、植物性のホイップクリームを用いる場合もあります。ホイップクリームはバターにおけるマーガリンのように、乳化剤や保存料などあまりナチュラルとはいえない材料が用いられているのでより長く日持ちはしますが、気になる方は生クリームの方がいいでしょう。

 

3.焼き菓子の基本材料 :砂糖

焼き菓子の甘さを引き出す上で、ほぼ必ず使用されるのが砂糖です。砂糖にはさまざまな種類があり、お菓子において出したい甘みの種類によって使われる砂糖は異なりますが、西洋生まれの焼き菓子の場合では、一般的には上白糖、グラニュー糖(特に微粒子グラニュー糖)、粉糖、きび砂糖などが用いられます。

 

グラニュー糖は焼き菓子全般に広く用いることができるニュートラルな砂糖です。上白糖はしっとりとした食感を持つ焼き菓子によく用いられ、粉糖は逆にサクサク、ザクザクした食感の焼き菓子に用いられます。例えば焼きドーナツにふりかけられている砂糖はこの粉糖です。きび砂糖はグラニュー糖など他の砂糖と比べると非常に素朴な甘さの砂糖です。卵白などを用いて泡立てるメレンゲ作りなどにはきび砂糖は向きません。

 

4.焼き菓子の基本材料:小麦粉

焼き菓子の材料の中で最も重要なのが小麦粉です。小麦粉はその名の通り小麦から抽出した穀粉であり、特にケーキやフィナンシェなどのスポンジ生地の材料として極めて幅広い焼き菓子の材料として知られています。穀物である小麦の胚乳から生成されるタンパク質であるグルテンの含有率によって種類が分かれます。

 

特にお菓子作りによく用いられるのは薄力粉で、タンパク質の割合が8.5%を下回るものです。ケーキなどに一般的に用いられます。製菓用の小麦粉としてカテゴライズされ、「製菓用小麦粉」として販売されているほどです。お菓子作りにおいてはタンパク質の割合が低ければ低いほど繊細かつ上品な仕上がりになるということもあり、薄力粉がメジャーな小麦粉となっているのです。

 

5.焼き菓子の基本材料:米粉

米粉は近年特に「グルテンフリー」が着目されるようになって急速に見直されてきた穀粉であり、お菓子作りにおいてもグルテンフリーが叫ばれる中で米粉を使っていこうという動きが見られます。より身体に優しい焼き菓子を意識して作りたいという場合は、米粉を用いることも検討してみましょう。

 

それだけでなく米粉はその癖のなさからさまざまな食品との相性がいいということでもメリットがあります。お菓子作りにおいても、身体にいいだけでなく、よりスッキリとした味わいが期待できます。

 

6.焼き菓子の基本材料:卵

焼き菓子の要といっていいのが、卵です。メレンゲの材料は卵白ですし、ケーキやクッキーの生地の材料は卵黄と小麦粉です。あのいかにもおいしそうな焼き菓子の黄色の多くは卵黄によるもので、例えばカスタードクリームの黄色の元は卵黄です。空気を含めながら小麦粉と混ぜていくことでよりふんわりとした食感に仕上がります。

 

7.まとめ

焼き菓子において主に用いられる基本の材料について一通り紹介しました。単に材料をそのまま使うのではなく、仕上がりを意識してその違いに応じて材料を使い分ければ、おいしさを引き立てた焼き菓子が作れます。たとえば、砂糖一つとっても、用途や味の具合が種類によって異なるということを知っておけば、よりお菓子作りの奥深さに気づけるはずです。ぜひ材料選びでお困りの際は、お気軽にご相談ください。

福岡県大牟田市の洋菓子店「Patisserie plantes(パティスリープランツ)」では、基本的に生産者と直接お付き合いしお互いが納得したものを使用しております。卵は九州産を用いており、小麦粉・米粉は全て福岡県産です。生クリームは地元大牟田のオーム乳業と北海道産をブレンドしています。地元八女地域の八女抹茶を使用したお菓子は自慢の一品です。ぜひ一度ご賞味ください。

詳しくは「プランツの想い」をご覧ください>>